FRENTUBO(フレントゥーボ)サポートライダー

CBR250CUP参戦中 Team M&H3 薄井選手

~FRENTUBO AN3カーボンブレーキ(フロント)を筑波サーキットで使用したインプレッション~

FRENTUBO AN3カーボンブレーキホース(フロントセットアップ後)の筑波サーキット走行インプレッションです。ステンレスメッシュホースよりも握り始めのタッチが柔らかい感じですが、握った量に対してちゃんとブレーキをステンレスよりコントロールし易くなりました。FRENTUBOカーボンブレーキホースの方が、ステンレスメッシュホースより細かい調整が効きそうなので、サスペンションのセットもステンレスメッシュより硬めに振ってもカーボンの細かい調整が効く分、安心して硬めのサスでも使えそうです。

CBR250カップは3〜4ワイドぐらいで進入する事が多いのですが、コーナーの1番深い所でのブレーキのコントロールが重要になってきますので、そう言う所でFRENTUBOカーボンブレーキホースの利点が最大限発揮されそうです。

CBRのリヤブレーキホースも変更を行いたいと思いますのでぜひテストを行ってみたいと思います。

~FRENTUBO AN3カーボンブレーキ(リア)を筑波サーキットで使用したインプレッション~

今日、FRENTUBO AN3カーボンブレーキホース(リア)のテストをしてきました。インプレッションとしてはステンレスメッシュホースに比べて、ブレーキングの1番深い所での操作性が抜群でした!!

今日は、何台ものトップライダー達とレースさながらの練習日だったのですが、突っ込み勝負で他のライダーがRをロックしない様に様子をみながらコーナーの深い所でのバイクの挙動を操作してるのに対し、FRENTUBOカーボンブレーキホースはコーナーの深い所での操作性がステンレスメッシュより良いのでリアタイヤのロックを気にせず、旋回とブレーキングに集中出来ました。

結果として他のライダーがリアをロックさせない様に慎重にクリップに着こうとするのに対して、私はリアブレーキの操作性が格段に良いので思い切ってクリップに付くことが出来ました。

その結果として、今迄に無かった事ですが、カーボンにしてコーナーの深い所で他車をパスする事が出来ました。

コーナー進入からもコントロールがし易いので、混戦での他車との距離を測るのにも効果的だと思いました。